プレゼント

チルチルミチルの青い鳥、それは本当の奇跡の証。

障害者殺傷事件に関しても、書かせていただきます。

検察は、死刑を求刑したそうです。

 

他人が勝手に奪っていい命など、

ひとつも存在していないと。

亡くなられた、19歳の少女の、

お母様は、述べられたそうですね。

 

まったくそうです。

 

あたしは、この事の重みが、わかるように思います。

 

可愛い娘さんでしたね。

娘盛りに、殺されてしまった、

もう亡いお嬢様が、切なくて、

しかたありません。

 

あたしも、結構、障害とは何か、という、

知識を、意外と持ち合わせています。

自閉症とは。お母様、あなたの、認識は、

間違いなく、正しく、誤っていないです。

 

あなたにとってだけでなく、彼女は、

あたしの目から見ても、美しく、チャーミングで、

障害とは、ある個性であったであろう、と、

思います。そんな19歳やそこらで、

娘盛りに奪われた、これ以上の悲しみを、

味わさせられる、人間もそんなにいないと、知っています。

もちろん、お母様も。こんな悲しみは、

世界にありますが、それほど多く発生するものではなく。

 

二度とあってほしくない、と、システムを度外視して、

あたしは、書かせても、もらいます。

 

本当に、可愛いお嬢さんでしたね。

目が切れ長で、なんか少女の頃のあたしを、

ちょっと思いました(嘘じゃないですよ)。

自閉症児だって、大きな美しい人に、

もっと、大きな成人に、なられたと思います。

 

わかっていただけていると存じます。

 

悲しみを、いつも、抱いて、けれども、

お母様、娘さんの生きた記憶、その、

ディテールを、いつまでも、この世で、

覚えて、おいてあげてほしいのです。

あなたは、彼女の、美帆さんの生き字引です。

覚えておいてあげてください。

生涯、いつまでも覚えています(あたしも)。

 

あたしは、決して、死刑制度に反対はしていないです。

 

それは、知的な重度障害者が、たとえ、

あまり、重視されるべき、存在ではなかったとしても。

そのぬくもりを、奪われる、それが、

 

決意であり、結幕であるとは、思わないからです。

恐慌にならないように、そこだけ気をつけていて下さい。

こういうときは、恐怖でくずれるほうが怖いのです。

頑張って、頑張りましょう。そうとしか、書けないですね。

 

とにかく、あたしが聞いても、怖いのは事実。

あたりまえです。あたしだって人間です。

和歌山県で9人と言われると、結構しんどいですね。

そうかあ、天皇陛下の誕生日の一般参賀の中止(23日の)。

これ、正しいいい反応だと思います(ありがとうございます)。

東京マラソンは、一般ランナーの参加なしで。

とにかく、焦らない。びびらない。クレバーに。

これが、鉄則です。

 

換気が大事ですね(空気は普通きれいですから)。

 

うがい、手洗い、アルコールで消毒。

基本ですね、無防備にならずに。

また、自分はしていなくても大丈夫だ、という、

過信が、他の人の感染を招きます。

自分がかかって、他の人がもし亡くなったりしたら、

あなたはどう償いをしますか。

 

だから、そこを気をつけて下さい。

 

全員、できるように。ここが大事です。

誰が、いつ、どうしたからか。

怖い、怖い。これが一番、怖い。

 

情報以上に深く掘り込もうとしない。

自分たちで、嘘をつかれているとか考えない。

大袈裟に思わない。そこが肝心要です。

 

宜しくお願いいたします。

 

政府、関係各庁、日々の努力ありがとうございます。

大きく、感謝しています。頑張って下さい。

処理が、間違っていると、あたしは、

一度も思っていないと、思います。

 

ありがとうございます。

 

この肺炎は、だるいな、という感覚が、

重苦しくあるみたいですね(ちょっと気になる)。

しんどい、という。ふむふむ…。

 

なるほどなあ。

 

また、なんかまずいな、と、

思われたら、相談をして、から、

担当している病院へ、受診して下さい。

なんだな。わかりました。

 

ええ、日本、あんまり考えすぎず、

ベストを尽くしましょうぜい。

雪とか言ってますね。

明日の予報はどうだろう。

こんばんは、シェリルです。

今年はあたたかな春の陽気が、

支配的になっていますが。

毎年これからもそうだと思います。

ですがね、まあ、びっくりしていて下さい。

あはははは、しぇーは悪い意味では、

書いていませんよ。本当よ。

 

これからの、日本は、どうあろうか。

そんな、ことも思いながらね。

 

では、明日の天気(今日は今つけました)。

伊勢志摩は、雪ではないね(笑)。

あ、そう。中勢までなんだね。

ごめんね。

 

ああ、明日はどうかなあ。

花粉情報も出ているね。

その後は晴ればかりか…。

あたたかそう、春一番さんも、

もう超えたそうです。

 

そうですか…。

 

こっから、「ニュース7」。

コロナウィルス肺炎の件を、

あたしももうちょっと勉強します。

頑張りましょう(根気負けせずに)。

 

くじけたら、もったいないです(笑)。

 

毎度、毎度の、シェリルさんですが。

どうでしょうかね。

 

…ナイショ(笑)。

 

笠井信輔アナの応援もしています!

例えばですけども。

もうちょっとだけね(しつこいですか・?)。

 

色々、帰蝶というその悲しい姫を、

川口春奈さんが、と変更になってから、

乗りかかった船、と、乗ってみたあたしですが。

 

最近ね、音階というものを、

深く捉えながら、音楽と向き合っています。

どんな曲には、どういう声の出し方が、

よりよくするために、あっているだろうか、と。

 

さっき、マイナーのとある曲を、

ちょっとチェックしながら、

こうかなあ、とか、ああかなあ、とか。

何回か歌ってみたんですが。

 

川口さんが、今欲しいのは、こういう、

美しい、ま、正直に書いちゃうと、

 

奄美の歌姫、元ちとせさんですね。

この人の声だと思う、と。

で、どうしたら、彼女のような、

声で、彼女でも斡旋できるだろうか、と。

考えています。これは、元が、

音階をAマイナーで、発語している際に、

なる声の意味です。これで、発語したいだろう、と。

 

ああいう凛とした姫には、と。

 

で、実験したんですが、まだちょっと、

自分でもものにならず(ちとせ発声が)。

 

困っています!